歯を失った方 入れ歯(義歯)・インプラント

歯を失った方の選択肢

歯が1本なくなってしまった場合には、取り外しのできる部分入れ歯やインプラントといった選択肢があります。

ほとんどの歯を失ってしまった年配の方は、総入れ歯にするのがおすすめです。
金属を使用していない、自然な仕上がりの入れ歯を作ることもできます。

当院の入れ歯(義歯)治療

当院では技術の高い歯科技工士と提携することで、「噛める」「しゃべれる」「落ちてこない」入れ歯を作ることができます。

総入れ歯について

総入れ歯は、咬み合わせがいちばん良い位置で調整できるメリットがあります。
歯が1本だけ残っている場合などは、かえって咬み合わせが安定しなかったり、入れられる入れ歯が限定されたりしますが、その時は残存歯は抜かずに、入れ歯の下側で支えるようコーピング し、「よく噛める」入れ歯に調整します。

顎のバランスに合った入れ歯で、顎の負担を軽減

同じ入れ歯を長年使っていると、入れ歯の溝がすり減って、水平になってしまいます。
この状態で噛むと、顎に負担がかかって、痛むこともあります。
顎の状態を見ながら左右のバランスを整え、使いやすい入れ歯を作成することも可能です。
「痛い」「噛めない」「すぐ落ちる」入れ歯でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

インプラントとは

部分入れ歯を装着する場合は、手前と奥の歯を削って被せ物を入れ、ブリッジを付ける必要があります。自分の歯を削りたくない方は、ブリッジを付ける歯をインプラントにするのも一つの方法です。

スポーツや事故により、健康な歯を1~2本失ってしまった場合は、インプラントという選択肢もあります。

八ッ橋ブログ ドクターズ・ファイル 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC