審美・ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングとは、歯を削ることなく薬剤を使って歯を白くする施術です。
薬剤の効果で歯を内部から白くすることができます。

ホワイトニングには、歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、自宅で行う「ホームホワイトニング」があり、患者さんのご希望に合わせて、適した方法をご提案します。

当院のホワイトニング治療

歯の表面のエナメル質は年とともに薄くなり、黄色みがある象牙質が透けるので、黄ばんだように見えます。
歯みがきしても黄ばみはとれませんが、ホワイトニングなら、歯を白くすることが可能です。
タバコのヤニやコーヒー・お茶の色素沈着なども除去し、もともと歯がもっている自然な白さ・美しさを蘇らせます。

ホワイトニング治療後の注意点について
  • 虫歯や歯周病がある場合は、先にそちらの治療を行います
  • 18歳未満の方、妊娠中・妊娠の可能性のある方は施術できません
  • 歯質によっては白くなりにくい場合があります
  • 抗生物質などのお薬の服用による歯の変色には効果が期待できません
  • 被せ物やブリッジなどの人工歯を白くすることはできません
  • 施術直後は、色の濃い食品の飲食や喫煙は控えましょう
  • ホワイトニング治療は、定期的に続けることが大切です

審美歯科(セラミック治療)

セラミック治療とは

従来の虫歯治療では、いわゆる「銀歯」やプラスチックで削った部分を補う方法が一般的です。 しかし口を開けた時に銀色の金属が見えると目立ちますし、プラスチックは時間が経つと変色してしまいます。セラミック治療なら、見た目も歯の色に近くて自然です。
見た目だけでなく、咬み合わせの調整により、全身の健康にもつながります。

セラミックって何?

本物の歯のように自然な仕上がりを実現できる素材です。
セラミックで作った詰め物や被せ物は変色しにくく、丈夫で長持ちし、金属アレルギーの方も安心して使えます。

保険診療と自費診療

保険診療(レジン)

  • 保険治療は、費用が安いのがメリットです。
  • 摩耗するので長持ちしにくく、変色しやすいです。
  • 詰め物・被せ物と歯の間に隙間ができるので、虫歯再発のリスクがあります。
  • 金属素材の場合は金属アレルギーを引き起こす場合もあります。

自費診療(セラミック)

  • 自費診療は見た目が美しく、天然の歯に近い色味を調整することができます。
  • セラミックは金属アレルギーの心配もなく、安心です。
  • 衝撃に強くて壊れにくく、丈夫で長持ちします。
  • 詰め物・被せ物の間をぴったり埋めることが可能で、虫歯再発のリスクも少ないです。
  • 歯を削る量が多くなるケースもあり、費用が高いのがデメリットです。

当院の取り扱い素材

八ツ橋歯科医院では、保険診療の素材はもちろん自費診療の素材も豊富に取り扱っています。
患者さんのご希望・ご予算をうかがったうえで、最適な素材選びのアドバイスをいたします。

ジルコニアオールセラミックハイブリッドセラミックメタルボンド
高品質なセラミック素材です。自然な美しさがあり、色調の調整も可能。
金属と同等の強度があります。
すべてセラミックでつくられた素材を使用します。
透明感のある美しさと優れた強度が特徴で、自然の歯の色に合わせた色調の調整も可能です。
セラミックに歯科用プラスチック(レジン)を混ぜた素材です。
適度な強度があり、硬すぎないので、噛み合う歯を傷つける心配がありません。
オールセラミックよりは劣りますが、色調の調整も可能で十分な美しさがあります。
金属の土台にセラミックを焼きつけた審美素材なので、透明感があまりありません。
金属を使用するため金属アレルギーの方には不向きです。強度に優れた被せ物に使用します。
八ッ橋ブログ ドクターズ・ファイル 信頼できる医療機関を探せる Medical DOC